秋田旅行

新幹線を利用して秋田に行く場合の旅行ツアープランを旅行会社が提供しています。出発地によっては午前中に秋田駅に到着することができる旅行ツアーがあります。

秋田
秋田は日本海側にある都市で付与は特別豪雪地帯に指定されているほど雪が多く積もりやすい地域で、毎年多くのスキー客が訪れており夏になると真夏日が多く秋田竿燈まつりが行われます。秋田竿燈まつりは、青森のねぶた祭りと仙台の七夕祭りと並んで東北三大祭りの1つと言われております。また、温泉に訪れる観光客がいます。秋田は古代俘囚が住む地と呼ばれておりエミシ族の豪族が収めていた地域です。平安時代の末期武士が適しの表舞台に登場するようになると、秋田でも有力な藤原氏が東北を支配することになり鎌倉幕府の初代将軍源頼朝が奥州征伐するまで藤原氏の支配が続きます。江戸時代になると秋田は、常陸国の佐竹氏が支配します。現在の政府と始まった戊辰戦争では奥羽列藩同盟に加わりますが、最終的には政府側に味方して勝利することになります。

秋田の特徴
秋田には田沢湖や八郎潟の観光名所があり、男鹿半島のなまはげが有名で毎年多くの観光客が訪れています。また、秘境温泉があるので、湯治目的で新幹線を利用して訪れる人たちがいます。

秋田へのアクセス
関西地方中部地方から新幹線を利用して秋田を訪れる場合には、山陽新幹線と東海道新幹線を利用して東京駅まで移動することになります。旅行ツアープランでも新幹線で東京駅まで移動するプランが大多数を占めます。東京駅からは東北新幹線を利用して盛岡駅から秋田新幹線で秋田駅を目指すことになります。東北新幹線の路線を利用していますが、東京駅からは秋田新幹線の、こまちで直通運転するため盛岡駅で乗り換えをする必要なく秋田まで新幹線で行くことが可能となります。この秋田新幹線の開業によって東京駅と秋田駅との移動が4時間を切る時間となり東京駅を早朝出発することで午前中に秋田駅に到着することが可能となります。遠方の場合には日帰りの旅行ツアープランではなく旅行ツアープランの宿泊プランを利用することをおすすめします。

秋田は、秋田新幹線が開業したことにより、在来線を利用した移動に比べ早く秋田に到着することが可能となります。そのため多くの旅行会社で秋田に新幹線を利用した旅行ツアープランを紹介しています。特に冬のスキーシーズンには多くの宿泊プランを旅行会社が紹介することになります。